GIOS MISTRAL 2020と2021年モデルに違いはなし!それでも詳しく解説

クロスバイク

こんにちは、スティーブです。

GIOS MISTRAL(ジオスミストラル)2021年モデルがついに発売されました!

2020年モデルとの違いはあるのか? 気になっている人が多いと思うので紹介します。

ジオスミストラルの購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください(と言いつつ、すでにタイトルで内容言っちゃってるけど)。

スポンサーリンク

2021年モデルはこれまでと違うところなし!

出典:JOB INTERNATIONAL,LTD.

はい。結論から言ってしまうと、ミストラル2021年モデル2020年モデルから仕様変更はないそうです。

フレームジオメトリや各パーツスペックはもちろん、カラーバリエーションや価格なども同様。

なので、

ジオスミストラルは2020と2021モデル、どちらを買っても同じ!」

ということになります。

ちなみに、ミストラルのディスクブレーキモデルであるミストラルディスク メカニカルミストラルディスク ハイドロリック同じく仕様変更なし。

つまり、

ミストラルディスクも2020と2021モデル、どちらを買っても同じ!」

ということです。

(※2020.10.5現在 ジオス公式ページやショップさんの情報を参照しました)

 

ジオスミストラルは通常モデル、ディスクブレーキモデルともに、2020年モデルで仕様変更があったばかりなので、それをそっくりそのまま引き継いだ形ですね。

なので、ミストラル2021年モデルの性能や詳しい仕様について知りたい人は、まったく同じスペックである2020年モデルの記事を参照してください↓

 

ミストラルディスクについてはこちらを↓

一応の注意点

とはいえGIOSは以前こんなこと↓があったので、2021年の途中でパーツが変更される可能性はあるかもしれません。

 

今後も注意しつつ、状況を見守っていきたいと思います。

まとめ

出典:JOB INTERNATIONAL,LTD.

各メーカーのクロスバイクの多くが、パーツの高騰で本体価格を上げられたり、コストカットを図られたりしています。

そんな中、フレームやパーツに仕様変更なし、価格も据え置きの51,000円(税抜)というのは、何よりの朗報と言えます。

本当にありがとうございます、GIOSさん……!

まあ僕個人としても、すでにミストラルはクロスバイクとしてほぼ完成の域に達したと考えているので、もうこれ以上イジるところないんじゃないかなーと思ったり(笑)

ともあれ、ミストラル2021年モデルもこれまでと同じく安心しておすすめできるクロスバイクに仕上がっています。

 

ミストラルの購入は、信頼できる実店舗があればそこで買うのが一番だと思います。

もし実店舗が近くにあるなら、Y’sRoadさんがおすすめですね。ネットで欲しいバイクを注文して、全国の店舗できっちり組み立てられた完成車を受け取ることもできるので、とても安心です。

Y’sRoadの通販サイトはこちら。

Y’sRoadオンライン

 

ネット購入なら対応の丁寧さや価格の面で自転車のQBEIさんがおすすめですね。送料込みでも、さらに定価を大きく割り込んでくるのはかなり魅力的。時期がよければシルバーなどの限定カラーもあります。

楽天市場店はこちら。

自転車のQBEI 楽天市場支店

 

Yahoo!ショッピング店はこちら。

自転車のQBEI ヤフー支店

 

クロスバイクをネット購入する際にはぜひこちらも参考にしてください↓

 

長く大事に乗れるクロスバイクが欲しい人はぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました