エスケープR3 2020年と2021年モデルの違い3つを解説!

クロスバイク
こんばんは、スティーブです。

日本で一番売れているクロスバイク、ジャイアントのエスケープR3 2021年モデルがついに発売されました!

エスケープR3の2021年モデルは、2020年モデルからどう変わったのか? その違いを徹底解説します。

エスケープR3の2021モデルの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

まず2020年モデルについて詳しく知りたい人は、こちらからどうぞ↓

 

スポンサーリンク

2021年モデルのこれまでと違うところ

出典:GIANT

1. カラーリング

2021年モデルのカラーリングは、こちらの5つになります。

出典:GIANT

2020年のマットエメラルド、レッドがなくなり、代わりにレッドオレンジサンバーストイエローがお目見えです。

個人的には、ホワイトのサドルが黒に戻ったのがかなりポイント高いですね(2018年モデル以来かな?)。

ブラックトーンも実物はマットな印象で恰好いいです。

2. ロゴデザイン

2021年モデルから、ジャイアントさんはロゴデザインが変更になりました。

こちらが2020年までの旧デザイン。

出典:GIANT

そして、こちらが2021年からの新デザイン。

出典:GIANT

それに合わせて、車体のヘッドチューブやダウンチューブに描かれたロゴも新デザインに変更されています。

というわけで、こちらが旧ロゴデザインの2020年モデル。

出典:GIANT

そして、こちらが新ロゴデザインの2021年モデル。

出典:GIANT

これまでよりもスタイリッシュな感じになっていると思います。

前のほうが少し可愛い感じですね。

3. サイズバリエーション

2021年モデルからは、従来の500(M)、465(S)、430(XS)に、新しい370(XXS)が追加され、4つのサイズバリエーションになりました。

ちなみにこちらが、エスケープR3 2021年モデルのジオメトリ表です。

出典:GIANT

たしかに370(XXS)が追加されています。

370(XXS)の適応慎重は140~160cmなので、男性はもちろん女性も乗りやすくなりました。

エスケープR3 2021年モデルの総評

出典:GIANT

というわけで、エスケープR3の2020年と2021年モデルの違い3点を紹介しました。

「あれ、この3つだけ?」と思った人もいるんじゃないでしょうか。はい、マジでこれだけです。

パーツスペックからジオメトリまで、あらゆる情報と数値を首っ引きで比較してみましたが、違いは本当にこの3つだけしかありませんでした。

そもそもエスケープR3は2020モデルでかなり大きな仕様変更があったばかりなので(より街乗り向けクロスバイクの方向に舵を切った)、それをそっくりそのまま引き継いだ形になってますね。

肝心のお値段も据え置きの52,000円。嬉しい設定になっているのでgoodです。

なので総評としては、エスケープR3の2021年モデルは2020年モデルとまったく同じフィーリングで乗れるクロスバイク、ということになります。よそのブランドのクロスバイクよりも、より街乗りに適した仕様になっていると思います。

パーツやフレームジオメトリに変更がないので、もしロゴデザインやカラーリングで2020年モデルのほうに気に入ったのがある人は、そちらを購入するのもアリかも。

エスケープR3の2020年モデルについて、よりくわしく知りたい人はこちら↓をぜひ!

 

エスケープR3の購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

なお、いいクロスバイクを探している人には、僕も乗っているジオスミストラルも大変おすすめです。

紹介記事はこちら。

 

クロスバイクの購入は、信頼できる実店舗があればそこで買うのが一番だと思います。

もし実店舗が近くにあるなら、Y’sRoadさんがおすすめですね。ネットで欲しいバイクを注文して、全国の店舗できっちり組み立てられた完成車を受け取ることもできるので、とても安心です。

Y’sRoadの通販サイトはこちら。

Y’sRoadオンライン

 

ネット購入なら対応の丁寧さや価格の面で自転車のQBEIさんがおすすめですね。送料込みでも、さらに定価を大きく割り込んでくるのはかなり魅力的。時期がよければシルバーなどの限定カラーもあります。

楽天市場店はこちら。

自転車のQBEI 楽天市場支店

 

Yahoo!ショッピング店はこちら。

自転車のQBEI ヤフー支店

 

長く大事に乗れるクロスバイクが欲しい人はぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました