GIOS MISTRALに使えるチェーンガードを紹介!

パーツ・カスタマイズ

こんばんは、スティーブです。

GIOS MISTRAL(ジオスミストラル)には、チェーンガード(チェーンリングカバーともいいます)が標準装備されていません。

 

そのままだとズボンの裾がギアクランクに引っかかったり、オイルが付いて汚れたりするので、あとからチェーンガードを取り付ける人も多いです。

というわけで、ジオスミストラルに取り付け可能なチェーンガードを紹介します。

ミストラルに使えるチェーンガードを探している人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ミストラルのギアクランクは?

※画像は2018年モデル

ジオスミストラルは、2020年モデルからギアクランクにはシマノ製のFC-TY501が採用されています。

 

現在最新の2021年モデルも、引き続きこちらのFC-TY501が採用されています。

 

ちなみに通常のジオスミストラルだけでなく、ディスクブレーキモデルのミストラルディスク メカニカルミストラルディスク ハイドロリックも、ギアクランクは同じシマノ製のFC-TY501です。

ギア数は、街乗り向けクロスバイクにとってもはや伝統と信頼(?)の48×38×28T

チェーンガードは一番外側のアウターギアに取り付けます。なので、サイズも48Tに合わせる必要があります。

ちなみに、このチェーンガードのサイズに関しては、僕自身、昔やっちまったことがありました……。

ある意味初心者あるあるなので、興味のある人はこちらからご笑覧ください↓

 

ミストラルに使えるチェーンガードはこれ

※画像は2018年モデル

さて、それではFC-TY501の48Tギアに対応したチェーンガードはあるんでしょうか?

ご安心ください。ちゃんとあります。

それがこちら↓

 

通常のジオスミストラルだけでなく、ディスクブレーキモデルのミストラルディスク メカニカルミストラルディスク ハイドロリックにも使えるはずです(リンク先のAmazonレビューにも「ミストラルに使えた」というユーザーさんのありがたい言及があるので、ぜひ参考にしてください)。

 

2019年より以前のモデルは、シマノのFC-TY701やさらに他のギアクランクが採用されているので、紹介したチェーンガードは使えません。2019年より以前のモデルを購入した人は、別の対応するチェーンガードを購入してください。

 

まとめ

※画像は2018年モデル

というわけで、ジオスミストラルに使えるチェーンガードを紹介しました。

一応もう一度リンクを貼っておきます。

 

愛車をカスタマイズするのはクロスバイクの醍醐味。ぜひ楽しんでください!

パーツ・カスタマイズ
スポンサーリンク
スティーブをフォローする
スティーブ

東京で10年暮らしたあと、故郷の島根にUターンした街乗りサイクリストでプチミニマリスト。好きなものは本とコーヒー、ラーメンと酒、サッカーと自転車。愛車はGIOS MISTRAL(白)。

当ブログでは街乗り向けクロスバイクのあれこれや、地元島根のライドコース、自転車で行ける美味しいお店などを楽しみながら紹介しています。

スティーブをフォローする
チャリでススメ!

コメント

  1. ガラムマサラ より:

    こちらの記事を読んで、チェーンガードを購入しました!
    ですが、いざ到着すると取り付け方が分からず、、、
    取り付け方法をできれば教えていただきたいです。

    • 参考にしていただいてありがとうございます!
      僕のミストラルが2020年モデルではないので、今すぐに取り付け画像を紹介することができないのですが、
      機会があればぜひご紹介したいと思います。

      FC-TY501のアウターギアにビス穴が開いているので、
      対応しているチェーンガードなら、そこに付属のビスで取り付けられると思います。
      うまく取り付けられるようにお祈りしています。

タイトルとURLをコピーしました