GIOS MISTRAL 2021と2022年モデルの違いは?徹底解説

クロスバイク

こんばんは、スティーブです。

GIOS MISTRAL(ジオスミストラル)2022年モデルがついに発売されました!

2021年モデルと一体どこがどう違うのか、気になっている人も多いはず。

というわけで、その違いを徹底解説します。

ジオスミストラルに限らず、クロスバイクの購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

2022年モデルのこれまでと違うところは?

1. 価格が3,300円値上げされている

 

ずばりジオスミストラル2022年モデルは2021モデルから値上げがされています。

具体的には、

ミストラル2021モデルが51,000円(税込56,100円)なのに対して、

ミストラル2022年モデル54,000円(税込59,400円)となっており、

3,000円税込では3,300円の価格アップです。

悲しみしかありませんね……。

とはいえ、昨今の新型コロナで自転車の需要が高まったこと、パーツやフレーム原材料の値上がり、工場の稼働の低下などの事情を鑑みると、致し方ないところでもあります。

ちなみにこちら↓でも触れている通り、エスケープR3も4,400円の値上げ&価格据え置きのダウングレード版が発売されています。

 

その他のメーカーのクロスバイクも軒並み値上げがされていますね。

うーん、コロナが憎い!

価格以外はすべて同じ

 

ただジオスミストラル2022年モデルの変更点は価格だけです。

スペック表をすべて比較、確認しましたが、フレームのジオメトリ、パーツ、カラーバリエーションまですべて2021モデルと同じでした。

こちらが2022年モデルジオメトリです。

JOB INTERNATIONAL,LTD.

2021モデルと全部一緒。

パーツスペックも2021モデルと同じ。

JOB INTERNATIONAL,LTD.

皆様ご存知「フルシマノ」です。やったぜ!

カラーバリエーションもジオスブルー、ブラック、ホワイト、グレーで、2021と共通。

JOB INTERNATIONAL,LTD.

ミストラルはいい意味でイジるところがなく、すでにクロスバイクとして完成の域に達しているんだと思います。

個人的にはこのバランスが一番好きなので嬉しいですね。

おそらく今後も大幅な変更はなく、ジオメトリの調整などのマイナーチェンジにとどまるんじゃないでしょうか(ただそれもすでに2020年にやったばかりなので、2023モデルも設計は変わらない気がしますけど)。

「ひょっとするとホイール幅は30Cぐらいに太くなるかも」と思っていましたけど、それもなさそうですね。

GIOS MISTRAL 2022年モデルの総評

 

というわけで、ジオスミストラル2022年モデルのこれまでとの違いを紹介しました。

正直に言えば、3,300円の値上げは悲しいトピックです。

ただ事前に「まあ世相からして2022年モデルは値上げ必至だろうなー」と考えていたので、それ自体は予想の範囲内でした。むしろ個人的に心配していたのが、「パーツがダウングレードされるんじゃないか?」ということで。

ただ蓋を開けてみればそんなことはなく、ドライブトレインとブレーキ、BBとホイールまでシマノ製パーツの「フルシマノ」スペックを実現してくれました。これは間違いなく一番の朗報です。なにぶんフルシマノはミストラルのアイデンティティだと思っているので!

なのでエスケープR3が4,400円の値上げをする中、3,300円に留めてくれたのは、むしろ感謝すべきことなのかもしれません。

これなら2022年も問題なくおすすめできそうで、個人的にはとても安心できました。

とはいえ昨今、自転車の在庫自体が本当に少なくなりつつあるようなので、注文はお早めに。

信頼できる実店舗があればぶっちゃけそこで買うのが一番ですけど、ネットで購入する場合は、やっぱり自転車のQBEIさんがおすすめですね。送料込みでもさらに定価を大きく割り込んでくるのはかなり魅力的。さらに十分組み(完成状態)の上、丁寧な完全梱包で発送してくれるので本当に安心です。

楽天市場店はこちら。

自転車のQBEI 楽天市場支店

 

Yahoo!ショッピング店はこちら。

自転車のQBEI ヤフー支店

 

ぜひこいつで最高の自転車ライフを送ってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました